【2020年版】クビンスのEVO-820の特徴4つまとめました!

『【2020年版】クビンスのEVO-820の特徴4つまとめました!』記事のアイキャッチ画像クビンス
この記事は約5分で読めます。

 クビンスのホールスロージューサーで、最新型のEVO-820が出たことはご存じですか?

 2020年4月現在、最新モデルであるクビンス EVO-820が他のホールスロージューサーとは違う特徴、特色を4つにまとめました!

クビンスの下位モデルのEVO-800と比較した記事もあるので、よければご覧ください。

 まずは簡単にEVO-820についてどのような商品なのかわかるように、クビンス公式が出しているEVO-820紹介動画を下に貼っておきます。

クビンスホールスロージューサーEVO-820

 下の動画はEVO-820を使ったものではありませんが、同じクビンスのホールスロージューサーを使ってデトックスウォーターを作ったクッキング動画です!

 めちゃくちゃオシャレなのでホールスロージューサーを手に入れたら是非ともチャレンジしたいレシピとなってます( *´艸`)

クビンス∙クッキングスタイル:ホールスロージューサー∙シェフで作ったデトックスウォーター

 ↓クビンス公式サイト

クビンス EVO-820の特徴➀デザインがおしゃれで大人気!?

EVO-820のイメージ画像1

EVO-820

EVO-800のイメージ画像1

EVO-800

 左がクビンス ホールスロージューサーの上位モデルEVO-820、右が下位モデルEVO-800です。

 好みもあると思いますが、確かに左のEVO-820のほうがスタイリッシュで高級感があると思います。

 EVO-820はドイツのレッド・ドット・デザイン賞アメリカのSpark Awards賞ファイナリストに選定されるなど世界のデザイン賞受賞しており、さらにイギリスでは『ベストジューサーアワード賞』、ポーランドのグッドインテリア雑誌が主催する2018年アワード受賞など、世界のデザイン賞を数多く獲得しています。

 EVO-820は世界のメディアから『ジューサーのロールスロイス』と評されるほどで、クビンスの中でも一番人気であるとクビンス公式ホームイメージで書かれています。

 せっかく長く使うホールスロージューサーなら、できるだけオシャレなデザインのものを手元に置きたい人にはヨーロッパで人気のEVO-820が良いのではないでしょうか?

楽しそうな主婦1

 2020年6月に新色のガンメタルとホワイトが追加されたので、興味のある人は是非ともチェックです!

→ホールスロージューサー【EVO-820】の詳細

クビンス EVO-820の特徴②レモンなどが自動で絞れるシトラススクイーザがついてくる!

 この特典はEVO-800には無い上位モデルEVO-820限定の特典です。シトラススクイーザを説明しているクビンス公式サイトの動画を貼っておきます!

クビンスホールスロージューサーEVO-820専用スクイーザー

 この動画にもある通り、EVO-820を購入すると自動でレモンやグレープフルーツなど柑橘類が絞れるシトラススクイーザ(5830円相当)が貰えます!

クビンス EVO-820の特徴③大きな投入口で切る手間、まな板いらず!

疑問がある主婦1

 こちらの特徴は下位モデルEVO-800にも言えることで、他社のホールスロージューサーと異なり、クビンスは広い投入口で特許を持っています

 下の写真はヒューロムのアドバンスド100とクビンスのEVO-800を比較したものです。比較画像はEVO-800を使っていますが、EVO-800とEVO-820の投入口はどちらも82 mmで同じ幅なので安心してください。

EVO-800 アドバンスド100 比較1
左がEVO-800 右がアドバンスド100
EVO-800 アドバンスド100 比較2
左がEVO-800 右がアドバンスド100
EVO-800 アドバンスド100 比較3
左がEVO-800 右がアドバンスド100
EVO-800 アドバンスド100 比較4
左がEVO-800 右がアドバンスド100

 上に示したように、投入口が狭いと切る手間、まな板を洗う手間がかかるんですよね。

 ホールスロージューサーを買う人は定期的にジュースを作ると思うのですが、毎朝や毎晩ジュースを作るとなったとき、毎回洗ったり切ったりしてると一ヵ月後くらいには面倒になってジュースを作る習慣が無くなる人も結構いるんです(;´・ω・)

 さらに忙しい時間帯でも時間短縮につながるので、意外とこの時短の積み重ねが馬鹿にならないんです( *´艸`)

 なので私は絶対にクビンスのホールスロージューサーが良いと思いますし、この特徴が私がクビンスをオススメする一番の理由ですね!

クビンス EVO-820の特徴④スクリューが長いから搾汁量も多い

 クビンスは広い投入口だけでなく、スクリューが長い点でも特許を取っています。

クビンス ヒューロム スクリューの比較

キレイShop公式サイトから引用

 左がクビンスのスクリューで、右がヒューロムのスクリューですが全然長さが違うことがわかると思います。

 スクリューが長いことによって、最後まで食材をきっちりすり潰せることでより多くのジュースを絞ることができるんです。

ジューサーから取れる搾りかす。

 なのでクビンスの搾りかすはかなりパサパサしています。

 実際にヒューロムではクビンスほどパサパサではなく、クビンスのほうが多く絞れるという口コミもよく見かけます

 別記事でクビンスのホールスロージューサーに関する口コミをまとめたので、良ければご覧ください。

まとめ

主婦が最後だと言っている。

 いかがでしたか?

 最新型EVO-820の特徴をできるだけわかりやすく解説したつもりですが、何かわからないことがあればお問い合わせから質問どしどし待ってます!

 やはりクビンスは投入口が広くて時短につながるし面倒じゃないからジュースを作る習慣化がしやすいこと、さらにEVO-820は世界のデザイン賞を色々と獲得するほど人気なのでオシャレなひとにはピッタリな商品だと思います。

 最後にEVO-800の詳細をリンクしておきますので、気になる人はご覧ください。

→ホールスロージューサー【EVO-820】の詳細はコチラ

クビンスの会社概要

社名株式会社NUC JAPAN
郵便番号〒104-0043
住所東京都中央区湊1-6-2 JKHDビル3F
電話番号03-5542-0620(代表)
設立(日本支社/本社)(2012年/1978年)

コメント

タイトルとURLをコピーしました